~川淵会長の責任を問う。川淵会長の辞任を求めるBlog~

KET SEE BLOG 『Good Bye!川淵さん。』

次、Tシャツいってみよー!〜8/9、熱く汗臭い夜

Author:kayoo


「ご自由に、としか言いようがない」

なるほど。なめてんなぁ。

ホント、神経逆なですんのうまいなぁ。

「No Butchi!、としか言いようがない。」


ブチヲは強がってるけど、あのデモに参加したのは一部の跳ねっ返りだけじゃないんだよ。
「そういう意見を持っている人もいるが、それもファンの一人」だなんて、いかにも少数意見も認めます的な言い回しだけど、
まっとうなバランス感覚をもった普通の生活者であるサポーターが、雨の中あれだけ集まったんだよ。
先鋭的なコアなサポーターだけが騒いでるなんて、おもしろがってやってんだなんて、タカ括ってたら大間違いだよ。


150人とも、700人とも報道された参加者の中には、デモなんか無縁であろう、普通の人たちがたくさんいた。
その賢さやバランス感覚の真っ当さで私がとても信用している友人も、チケがないのに青年館に駆けつけていた。
ある意味、こういうデモと最もほど遠い人だと思っていたので、驚いて、嬉しくなった。
普段ゴール裏ではなく、バクスタやメインで観戦しているような人たち。
汗で濡れたワイシャツのネクタイを緩めながら歩く会社帰りの男性とか、 私と同年配くらいのお母さんとか、サッカーを楽しむスタンスの人たちと、
ゴール裏で戦うエキセントリックなコアサポが一緒に雨の中歩いたんだよ。
これってすごいことだと思うんだ。
ゴール裏の熱さをすごいと思いつつ、時にその過激な主張についてけないと思うことがある。
ゴール裏とは一線を画す一般のサポと熱いコアなサポが一緒に声を上げたってことはすごいことなんだよ。
ブチヲ、甘く見てはいけないよ。
500人のデモだと思ってるかもしれないけれど、参加したいのに最後のもう一押しがなくて列に加われなかった人がまだまだいっぱいいるんだよ。
どうしよう、どうしようと躊躇して、踏み出す勇気がなかった人はもっともっといるんだよ。


デモを主催してくださった方々、
さまざまな意見のすり合わせや準備などなど、本当にお疲れさまでした。
みなさんのご尽力のおかげで、私も参加させていただくことができました。

たくさんのTVカメラが取材に来ていたけれど、オンエアされたのはめざましテレビで一回だけ。
各局足並みそろえて、ニュースバリューがないと判断したんだろうか。
でも、
テレビのニュースでやんなくても、ネットがあるから「なかったこと」にはなんない。
「川淵やめろ!」の大合唱は確かにあったこと。
さぁ、次、いってみよーーーー!!!
No Butch!なかっちょいいTシャツか、小さなことからコツコツと「ささやかな不買運動」か……
私にできることからやってみよーーーー!!!


不謹慎だけど、楽しかったりもしました。
でも、まじめにやんなきゃと、弛む顔を引き締めたのです。

8月9日夜、熱く汗臭い数十分を共有したみなさん、お疲れさまでした。
[PR]
by byebyecaptain | 2006-08-22 18:58 | ☆辞任要求エントリー
<< 目的は手段を浄化しない 『文藝春秋 9月特別号について... >>