~川淵会長の責任を問う。川淵会長の辞任を求めるBlog~

KET SEE BLOG 『Good Bye!川淵さん。』

『週刊文春の川淵インタビューを読んで』

Author:エルゲラ


何でしょう、日本語を話しているのですが、意味を為さないというか。わざと論点をずらしているのか、それとも本当にずれた人なのか。


仮に川淵氏が掲げる“自由”というテーマが正しかったとして、それでも“ジーコ”という監督が正しかったのか。自由という目標を達成するために、ジーコ監督と言う手段は正しかったのか。

(以下週刊文春8月10日号から、一部引用)

世界のサッカーの流れを考えれば、トルシエのサッカースタイルでは世界のトップには入れない。選手個々のテクニックや創造性なくしては世界の壁は越えられませんし、組織と個々の力がリンクしないと強いチームはできない。つまりジーコの4年間は必要な4年間だったが、要は選手がまだ”自由”を噛み砕いて理解できなかったのです。


私が川淵氏に問いたいのは、100歩譲って自由という目標が正しかったとしても、川淵氏が独断に近い形で選んだジーコ監督という手段が正しかったのか。
私には正しい手段とは思えません。まずは監督経験のない、海のものとも山のものとも分からない新人監督に自国の代表チームを任せる不安があり、次にチーム作りの過程を見ても、ジーコ監督という手段が正しかったとは思えない。

川淵氏の言うように“選手個々のテクニックや創造性”が4年前の時点で世界に劣っているのならば、少なくとも監督は世界に劣っていない監督を選ぶ必要があったのではないでしょうか。選手も劣っている、監督も劣っている(少なくとも経験者ではない)という状況では、とても目標が達成できるとは考えにくい。


このように、『手段が間違っていたのではないか』という疑問や不満に対し、先のインタビューは『目標が間違っていなかったのだから責任はない』と言い逃れをしているようにしか思えません。



もうひとつ、わざと論点をずらしていると感じられる点があります。

(以下一部引用)

結果責任については重く受け止めています。勝てば賞賛を受け、負ければ批判を浴びることは覚悟しているし、逃げるつもりもない。しかし、代表チームの成績と会長の職責は問題が別だと私は思います。ジーコがダメだから、会長も辞めなければいけないというのはあまりにも短絡的過ぎる。



この部分にも強い違和感を覚えます。“代表監督を選ぶという職務を任せられている技術委員会が選び、会長をはじめ理事会が承認した代表監督に対する責任が会長個人には及ばない”ということにはまったく同意します。

しかし、今回のケースは「ジーコには聞いたのか?」という会長自身の口から出た言葉が発端になり選ばれた代表監督であり、成績が不振でも内容が伴わなくても会長自らが「信頼している」という言葉で庇い続け、挙句の果てには「勝てばいいんだろ!」と開き直った挙句の結果責任です。これはむしろ結果責任と言うよりは、この4年間の過程責任とでも言うべきものではないでしょうか。責任の多くが独裁的に代表監督人事を進めてきた川淵氏個人に結びついてしまう性質のものと思います。

適法に組織的に選ばれた代表監督の結果責任を個人に負わせる気持ちはありませんが、違法で超法規的に会長個人が選んだ代表監督の失敗の責任を、独裁的に選んだ個人が追うのは必然と思います。


本人もそれを分かっているからこそ、この4年間の総括をしたくもないし、監督選びを失敗だったとは認めたくないもないし、その結果“選手がまだ”自由”を噛み砕いて理解できなかった“などと惨敗の責任を選手だけに押し付けているのでしょう。
選手に押し付けてしまわなければ、監督の責任でも協会(=自身)の責任でも、全て自分に火の粉がかかってきてしまいますからね。



そもそもの前提である、「自由」が正しかったとは思いません。「自由」に戦った結果がワールドカップという究極の舞台での無様なチームの空中分解につながりました。すべてが協会や監督のせいだとは言いませんが、それでも監督とその監督を選んだ会長の責任は重い。その重い責任に対し、川淵氏は説明を避け、はぐらかし、とぼけようとしています。
このまま逃げ切らせていいんですかね?
[PR]
by byebyecaptain | 2006-08-03 00:40 | ☆辞任要求エントリー
<< 『一貫性のなさ』 『川淵氏に対する意見の送り先』 >>